不動産査定・売却時に必要な書類

イエウール机上査定

イエウール机上査定


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

売却したいと思ってもすぐに販売できるわけではありません。必要書類を交わす必要があり、それが意外と時間がかかるのです。不動産の査定や売却を何度も経験している人の方が少ないのではないでしょうか。その為、売却をしようと思ったら必要な書類の準備をするのがおすすめです。売却や査定時の書類とはどのようなものを用意したらいいのでしょうか。

 

 査定や売却時に必要な書類とは?

 

売却に必要な書類は、一戸建てやマンションなどで大きく変わりません。買い手が見つかったときスムーズに手続きが進むように以下のものを用意してくださいね。よりよい条件で販売するためにも適切な「情報開示」が必要不可欠になります。

 

・身分証明書(免許証・パスポート・マイナンバーカードなどの写真付き)
・実印
・印鑑証明書
・住民票
・権利書(登記済権利書)
※売却する物件が平成17年以降に取得した場合、登記済権利書の代わりに登記識別情報が発行されているケースもるので、その場合は登記識別情報を準備すること
・固定資産税納税通知書
・土地測量図
・建築確認済証および検査済証・設計書・記録書
・マンションの管理契約書・維持費関係の書類
・耐震診断書
・アスベスト使用調査書

 

すべてが必要な場合もあれば、一部のみでも手続きをすることが出来ます。売却時に必要な書類については事前に確認しておくと慌てる心配がありません。いずれも聞き慣れない書類ばかりですので売却を考える時に書類を見直してみるといいでしょう。

 

 不動産会社にも得意・不得意があります!

 

不動産を売却する上で、いい条件の買い手が見つからないと思った時は一度不動産会を見直してみるといいと思います。一般的な分譲業者と呼ばれるのはマンションのデベロッパーや開発業者などになります。買取再販業者は新築や中古物件などの買取再販などを行っています。媒介業者は、売買物件・事業所の媒介などを行っています。このように同じ不動産の場合でも得意・不得意があることを覚えておくことが大切です。

 

このように、必要な書類の準備や不動産会社の選び方など、売却時に必要な知識がたくさんあります。知らないと損をすることもあるので、不動産の知識を教えてくれるサイトを利用して、正しい情報を身につけるようにしておきましょうね。不動産の売却は何よりもタイミングが大切です。いい買い手がいつ合わられてもいいように、チャンスにのった売却が出来るようにしてくださいね。