大手不動産だからは不動産査定・売却には無用

イエウール机上査定

イエウール机上査定


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

大手の不動産会社だから、売却でも損をしないし安心だと思っている人も多いのではないでしょうか。不動産は資産ですし、大手の不動産会社か地域密着型の千葉の不動産がいいのかどちらを選ぶのかはとても大切です。どのように選べば後悔することがないのか、どう選べばいいのでしょうか。

 

 不動産の売却には「大手不動産」か「地場の不動産」?

 

不動産の売買をするにあたり「大手不動産」と「地場不動産」に分類されます。一括査定をする時に皆さんどちらにするか一番悩む場所でもあります。どちらかがいいとはいえませんが、どちらにもメリットがあるのでどちらも選択して査定を見比べてみるのがいいでしょう。

 

 「大手不動産」と「地場不動産」のメリットが知りたい!

 

大手不動産の場合、特徴として自社のネットワークが強いことが挙げられます。今は不動産の情報はすべて「レインズ」にて管理されており、「すべての不動産会社で共有すること」とされているのです。ただし例外として7日以内はレインズに登録せず、自社のみでの取扱をすることも出来ます。需要が高く、人気のある物件はレインズに登録される前に購入されてしまうのはこれが理由です。また、来客数の多さも大手不動産会社ならでは。来客数が多ければ宣伝力もあるので、売却が決まりやすいといったメリットもあります。

 

地場不動産の場合、地域密着型で特化しているので広告費よりも1人1人の宣伝力に特化したところが多いと言われています。丁寧な取引であなたの売却のお手伝いをしてくれるのが、地場不動産のいいところでしょう。レインズで全部の管理ができていると言われていますが、地場不動産の場合レインズに登録されず、地域のポスティングのみで終わらせてしまう場合もあります。地域とのつながりが強くコミュニティーがあるので大手にはない不動産売却のメリットもあります。掘り出し物の物件を見つけたい時は地場不動産を選ぶといいでしょう。

 

大手不動産も、地場不動産にもどちらにもメリットがあります。ただ、大手不動産だからお得に不動産の査定や売却が出来ると決まっているわけではありません。最終的には、不動産会社との相性も重要になりますが、広い目で見てどちらで売却をするのか比較してみましょう。どちらで売却したほうがいいのか悩んでしまった時は、イエウールにご相談いただくとあなたの所持している物件が、どちらの方が高値で売買できるのかを教えてくれます。