不動産の公示価格・路線価・時価(実勢価格)の違い

イエウール机上査定

イエウール机上査定


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

土地にはいくつかの価格があるのを知っていますか。「公示価格」「路線価」「時価」に分類されるのですが名前だけ見ただけでは、それぞれがどんなものか素人ではわかりません。
どんな価格を表すものなのか特徴から見ていきましょう。

 

 《公示価格》ってどんなもの?

 

国土交通省が全国に定めている標準地のことを対象として、毎年1月1日時点の価格を公示するものだとされています。公示地価は標準地を1uあたりの価格で表し、特別な事情がない場合の適正な取引価格になります。国土交通省のホームページを見ると価格や地積、その土地がどのように利用されているか、前面道路、最寄りの公共交通、土地の形状、ライフライン等の情報も載っているので、所有者情報以外はほとんど必要な情報を得ることができるでしょう2人以上の不動産鑑定士が介在し価格を決めているといいます。

 

 《路線価》ってどんなもの?

 

路線価とは、相続税の計算をする時に使うものです。
土地は時価を計算するのが原則。しかし、すべての土地の時価を計算するのは大変ですよね。そこで税務署がつけた価格を路線価といいます。この値段に土地の面積を掛けて、土地の相続の評価としました。この路線価は毎年変わり、7月1日、全国の国税局・税務署で公表されます。7月に発表するのは相続税が関係しているといいます。税務署に行きますと、自分の土地の接道している道路の値段を見ることができます。「路線価図を見せて下さい」と頼めば無料で見せてくれます。各税務署にはその国税局管内の路線価図が設置されています。会計事務所でも、相続を専門にしているところには設置されています。
4月の公示価格からある程度予想することが出来ます。

 

 《時価》ってどんなもの?

 

その時々の商品の値段のことをいいます。価格でいうといちばん身近なものではないでしょうか。また、不動産になると現在売買すると考えた場合の値段のことを指します。
土地所有権の移転とともに対価がどうなるかが重要なポイントとなります。
例えば土地を売却・購入する場合が典型的な例です。その売買代金が土地の価値に見合った金額なのかをチェックするために時価が必要となります。土地を割高で買ったという事実を知るためだけに評価を求める人は少ないといいます。一部企業などで稟議書や決済書に至る過程で評価が必要な場面はあります。

 

「公示価格」「路線価」「時価」について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。不動産売買において知っているだけでお得に取引することが出来ますので、覚えておきましょう。