住宅ローンの残債があっても不動産売却できる?

イエウール机上査定

イエウール机上査定


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

お金の返済が苦しくなったり、家族が増えたことにより、家の売却を考える人は多いといいます。ただ、大抵の家庭がローンを組んで家を購入しているので、全額返済が終わってから売却できる人は少ないのではないでしょうか。その場合、ローンの残債はどのようになるのでしょうか。そもそも残債があっても売却することが出来るのでしょうか。

 

 残債があっても不動産の売却は出来る!

 

住宅ローンが残っている場合、売却金額が残債よりも高くなるのか、下がってしまうのかによって売却の方法が変わってきます。残債よりも高くなる場合、なんの問題もなく売却することが出来ます。ただし、売却時に金額が上がる物件のほうが珍しく、そのような物件を探すほうが大変です。
問題は、残債よりも安い売却金額になってしまった場合です。下がってしまった差額分+諸経費を現金などで支払う必要が出てきてしまいます。ですが、そんなに高額なお金はなかなか用意できるものではありません。現金が用意できない場合、「任意売却」の方法を取ることも出来ます。

 

 任意売却とはどのようなもの?

 

任意売却の方法を取れば、残債が残っていても住宅を売却することが出来ます。債権者の同意をもらった上で、ローンが残っている不動産を売却する方法のことをいいます。
足りていない差額のお金は、生活に無理のない範囲で返すことが出来ます。月々の支払いは1万円〜と選べるので相談してみてくださいね。
任意売却の仕組みは、債権者としても支払いが出来ずに「競売」と呼ばれる形になるのは避けたいので、任意売却で少しでも高いお金で売却し、ローンを回収したほうがいいと考えるためです。競売になってしまうと、その他の費用が膨大になってしまうので、余計な費用を支払う必要が出てしまうのです。ただし、任意売却はあくまでも返済能力がない人が行うもので、返済できる能力があるのに、「任意売却」を希望しても行うことが出来ません。

 

住宅ローンの途中で売却が必要になった時は、まずはその理由によって変わることを覚えておきましょう。家の建て替えの場合、差額の現金を用意しないと余計なお金がかかってしまい、結果的に損をしてしまうことも。住宅ローンの残債が残っていても安心ですが、出来るだけ無理のない範囲でローンを組むようにしてくださいね。
また、体調不良や、仕事などが原因で支払いができない時は競売になる前に相談することで債権者にも利益のある売却を進める事ができます。